2011年6月4日(土曜日)

今日は、先週納車された友人の新車でドライブに行くことに。

しかし・・・当日の朝までどこに行くのか・・・・決めていなかった・・・・・

とにかく、いつものように、朝8時に「武蔵小杉」駅近くの「吉野家」前の路上で待ち合わせ。

参加者は、デリカを購入した「パジェミ」さん、それにGおじさん、私の3人である。

天気予報では、今日は暑くなり、東京近辺は27〜28度まで上がるとの予想。

候補の中の「伊豆」は同じように暑いだろうから、却下。

残るのは「軽井沢」と「那須」・・・

結局、土地勘がある「那須」にしよう、とあっという間に決定。

この辺の決定は速い・・・・・というか、新車の試乗がメインなので、どこでもいい、というのが本音である・・・・。

運転は私が最初であった。

中原街道を上り、五反田手前で山手通りに入って、環状2号線の入り口「富ヶ谷」に向かう。

道は混んでなく順調。 デリカの乗り心地は良い。 私も数年前、同じデリカを所有していたのもあって、運転は楽である。

途中、東北自動車道路の入り口付近での事故渋滞はあったが、10時過ぎに、休憩の為、「佐野サービスエリア」に到着。

先月、福島の三春に行った時よりも人出は多いようだが、それでもいつもの土日の混み具合を考えるとサービスエリアも空いていた。

ここでも、災害派遣に向かう自衛隊のトラックなどを見ることが出来た。 まだ若い隊員が何人もトラックに乗ってやってきたようだが、本当に感謝、という言葉しか出てこなかった・・・・・

「西那須野・塩原」インターを降りたのが、11時半近く。 そこからは、のんびりと那須の風景を楽しみながら走る。

「佐野サービスエリア」 那須市街を走行 眠いの? のんびり♪ 天盛りソバ
お品書き 蕎麦屋「一休」で。 つつじが綺麗に咲いていた 車窓の風景


そして、12時ちょっと前に、蕎麦屋の「一休」に到着。 前回、このメンバー(プラス3人)で那須に来たときに食べ損ねたので、今度こそ、と。

店内はそれほど混んでいない。 私たちは一番奥の窓際の席に陣取った。

私とGおじさんは、「天盛りそば」を。 パジェミさんは「盛りそば」。

ソバは私の好きな細めの腰のあるタイプ。 めんつゆは・・・ちょっと濃いめか・・・・

ただ、最後にそば湯を貰って、それで割って飲むと、出汁の良い香りが立った。

やはり、天盛りよりも、「天ぷらソバ」にして、それなりに濃さを薄めた(?)つゆの方が美味しいかもしれない。

盛りそばのつゆはちょっと濃すぎて、せっかくの出汁の風味が出てきていないように思う。(醤油の香りが立ちすぎているのか?)

那須の気温は昼間でも22℃ほどだったので、風が吹くと涼しく感じる。

この蕎麦屋も、エアコンはもちろん使っておらず、窓が開いているので、時折、入ってくる風が何とも心地よかった。

ソバを食べてから・・・さて、何をしよう・・・・

何しろ、目的は「新車の試乗」なので、やることを特に決めていない。

次の候補は「温泉に入る」か「動物王国に行く」の2つである。

で、ここ何度も入れなかった動物王国に行ってみよう、という事に。

震災前は、土曜日の昼頃、動物王国に行くと、大きな駐車場は満車になり、かなり離れた所に設けられた臨時駐車場に回される。 しかし、そこからは専用のバスでピストン輸送をしてくれるのだが、そのバスを待つ長蛇の列が・・・・

いつも、その光景を見て、素通りしてしまっていた・・・・

今回も同じだろう、とは思いながらも、どうせ暇なので行くだけ行くことに。 (佐野サービスエリアから運転は「パジェミ」さんに替わっていた。)

途中、「つつじ」の群生地があり、ものすごい数の車が路駐している・・・・ それこそ、それほど広くない、片側1車線の山道の両側にずらっと停車しているので、そこを抜けるだけでも時間が掛かった。

動物王国に着いてみると・・・・臨時駐車場・・・・ではなく・・・・王国の前のメインの駐車場でも空きがある。 ラッキー♪ (やはり震災の影響でまだ客足が延びないのだろうか・・)

一番、大きい? 爆睡中のサモエド 飼育係のお姉さんの周囲に集まる へへへ・・
これが「殿」 寂しそう 遊んで、遊んで♪ 「ヤクザ」の兄弟
まどろむ ベーコンの臭いに誘われて 態度がどんどん横柄に


とにかく車を停め、園内へ。 観光バスで来たのだろうか、幼稚園児の大群が・・・・

昼飯はちゃんと食べたのだが、園内で「ベーコンの串焼き」(350円)なるものが屋台で販売されていた。、そのベーコンを網焼きにしている煙が香ばしく食欲をそそる・・・

で、ついふらふらと屋台に寄っていき、気が付くと、手にはベーコンの串焼きが・・・・。

焼きたてのベーコンの美味しいこと。 こんがりと焼けたスモークされた肉の部分と、甘い脂が適度に口の中に飛び込んでくる。 それをベンチに座りながらかぶりつく。

その後、大型犬と遊べる「ふれあいドッグパーク」に突入。 犬のメンバーはだいぶ様変わりしている・・・・・

見覚えのある顔は・・・・あ、いた! 「アラスカン・マラミュート」が・・・・誰だろう・・・・以前、来たときは「殿」と「姫」、それに新参の「リュウ」が居た。

一頭しかいないから・・・一番若かった「リュウ」かな・・・。(以前書いた時は名前を間違えていたようだ。 新参者のマラミュートは「リュウ」であり、「リューク」ではなかった・・・。)

で、飼育員のお姉さんに「あれ、リュウですか?」と聞くと、「いえ、あの子は『殿(との)』なんですよ。 リュウは、先天的な病気があって、数年前に死にました。 姫も去年、死にました。 殿は、もう13歳のおじいちゃんなんです。」と丁寧に教えてくれました。

そうだったんだ・・・ あの若くてまだお客に慣れず、大きな声で鳴いていたり、お客が触ろうとすると威嚇していたリュウが死んでしまっていたのか・・・・

殿を見ていると、ずっと寝ていたが、時々起きてウロウロと動くのだが、やはり足がヨタヨタした感じがする・・・・・

私は大型犬エリアの中に置いてあるベンチに腰を掛けて犬たちを見ていた。 隣にはGおじさんが座っていた。 パジェミさんは、歩いて犬たちの写真を撮っていた。

で、気が付くと、一頭の犬が私の横に来て座っている。 最初はこちらを見もしないで・・・・ 少し経つと、そのまま椅子から降りてエリア内を走り始める。

よく見ると、同じ犬種がもう1匹(後から、もう1匹、ゾーン内に来たので、3匹居ることに。 3匹とも兄弟との事だった。)

そのうち、その2匹がやけに私とGおじさんの所に寄ってくるようになった・・・そして・・・だんだんとエスカレートして・・・

最初は横に居るだけだったのだが、体をすりつけ、手を掛けてきたりして、終いには「甘噛み」をしようとする・・・・

犬種を聞いたのだが忘れてしまったが・・・・牧羊犬だと言うことで、動きが激しい。

とにかく、まとわりついてくるのだ。 最初は可愛い、と思っていたが、だんだんと面倒になってくる・・・・・2〜3分に1度は寄ってきて、ボディアタックを掛けてくるのだから。

で、気が付いた・・・・私とGおじさんは、ここに入る前に「ベーコンの串焼き」を食べてきたのだ! これって・・・その臭いに誘われて寄ってきているのか・・・

と、言うことは・・・・我々を「餌」と認識したか? やばい・・・・・

Gおじさん曰く「いや、別に臭いだけじゃなくて、まだベーコンがあるから」と私の腹を指さす。 なんて奴だ! 友達を犬に売り飛ばすつもりだ。

と、いうよりも人の腹を「ベーコン」とは・・・・・それほど外れていないだけに、更にくやしい・・・・(;^_^A アセアセ…

そこで1時間ほどのんびりしただろうか。 その後、以前から入ってみたいと思っていた「キャット・ハウス」へ。

ここも10匹ほどの猫が遊んでいる。 抱っこするのは駄目だが、撫でたりはできる。

ただ、やはり動物王国、と言うことで猫もメジャーな子が多かった。 私はミックスで可愛い子を見たかったのだが・・・・・

おとなしい キャットハウス まだ子供のアメショー 奥に居る「ロシアンブルー」にロックオン みんなに追い回されていたロシアン・ブルー
毛玉? ゴロゴロ 良い感じ2人♪ ヒマラヤンだ、珍しい 唯一の茶虎


それでも、ぴょんぴょん跳ねて、遊ぶ姿は良いものだ。

動物王国を出てからは、晩ご飯を食べる予定の「ステーキハウス・寿楽」へ向かう。 しかし・・・途中で道を間違え、「南が丘牧場」へ入ってしまう(そこでUターンをしようとしたのだが、せっかくだから寄って行くことに。)

私は牧場の牛乳で作った、冷たい珈琲牛乳を。 他の2人はソフトクリームを食べる。

ここも涼しく気持ちいいので、しばし、のんびりと。

時間は午後4時。 ちょっと早いけれど、すぐに混んで入れなくなってしまうので、「寿楽」に行くことに。

最初に友人の所に送るステーキ肉の発送を依頼して。

午後5時なって、店内に。 私はいつものように、200gのサーロインを塩とコショウだけでミディアム・レアに焼いて貰う。 トッピング(?)として、栃木牛で作ったメンチを1枚。

他の2人は、100gのサーロインを。 Gおじさんはそれにビール。

ここは肉質が良いので美味しいのは当たり前のようになっているが・・・やはり、那須まで来たら是非、食べたい。

1時間ほどで晩ご飯は終了。

「南が丘牧場」の珈琲牛乳 ソフトクリーム1 ソフトクリーム2 200gのサーロイン アップで♪
完食! ビールを飲みながら 残りはミカンの皮のみ 帰路に 運転は私です。


そこからは、のんびりと帰路に。

途中、目立った渋滞もなく、午後8時半に無事に地元に到着。 まだ時間も早いので、「ガスト」に入り、掛かった費用の精算と反省会(?)を開く・・(;^_^A アセアセ…

通行料とガソリン代を3人で折半して、1人約4,000円。 デリカの燃費は、460kmほど走行して、リッター当たり約11.8km。

地元に戻って給油 「ガスト」で冷やし中華を


このデリカで次もどこかに出かけよう、という事だけを決めてお開きに。


To Home!