2003年8月14日(木曜日)、朝からあいにくの雨模様である。
今日は私にとっては初めての屋形船での宴会の日だ。

今まで、お台場には何度も行っているのだが、その海上に浮かぶ屋形船をいつも羨望の眼差しで眺めていたが、今日、遂に、海側からお台場を見ることができるのである♪

東急東横線の新丸子駅で友人2人と5時に待ち合わせをしていざ船宿のある浜松町へ。

お盆と言う事もあってか、電車は空いていた・・・。 私は普段は車を移動手段として使っているせいか、電車に乗ること自体、半年ぶりであった・・・f(^ー^;。

浜松町へは5時40分に到着。 あらかじめ船宿の人に教えて貰っていた通りの道順で歩く事にする。 ここまでは全く問題はない・・・。

あ、いや・・1つだけあったのだ・・。 実は新丸子で友達と待ち合わせをしている時に、今回宴会に参加する別の友人より、急に参加できなくなった旨の連絡が入る・・・。

やむを得ない事情もあるようだが、費用は払って貰うことになっているので、その事を告げて電話を切る・・・。 約束した事とは言え、参加しない人から参加費用を貰うのは余り気持ちのよいモノではない・・・。 しかし、当日の不参加はどう考えても無茶であるし、その費用は他の参加者や、まして、私が被る性質のモノでもないので・・・。

5時50分、無事に船宿「網長」に到着。 既に一人の友人は来ていた・・・。

色っぽい・・・のかなぁ・・A? ソーキ蕎麦の好きなA まじめな公務員T ちょっと痩せたかな・・・・U? 相変わらず恐そう・・F


雨は強く降っていたこともあり、店の人が船に乗って待っていても構わない、と言ってくれたので、早速、屋形船に乗り込む事に。

天井は屈んで乗らないと、頭をぶつけるほど低いのだが、さすがにスペース的には50人からの人を乗せるように作られているので、広い!

カラオケも装備されており、座椅子もある快適な空間であった。

今回の参加者は男性6名、女性4名の10名であった。

年齢も26歳から46歳まで幅広く・・・・どうなるかことか・・・と、思ったが、宴会が始まってしまえば、全くそんなギャップも関係なくうち解けて話が弾んでいたようである。

定刻通り、船は6時半に岸を離れ、川を下って行く・・・。

熱唱中? おっさんばっかりが並んで暑苦しそう・・(^_^; 私の兄です・・f(^ー^;
某公立病院の外科医です。そしてその右隣の綺麗な女性も外科医です・・。
同じく外科医の男性です26歳・・若い! おなじみMさん・・相変わらず○○○・・・(^◇^;)(?_?)


運河に出ると、一路、お台場沖まで進んでいく。 レインボーブリッジを真下から見上げるように通り過ぎ、お台場デックス前で停泊。

「うみかもめ」が沢山船の周囲に飛来し、餌を投げると食べるのである・・・。 中には酔っぱらって、刺身のつまを投げる者もいたが・・さすがに「うみかもめ」でも刺身のつまは食べないようである・・。

(料理に海老の塩焼きが出ており、その残りの頭の部分などは喜んで食べる、と船の人が言っていた・・・。)

お台場沖に1時間ほど停泊していたであろうか・・。

刺身に始まり、焼き鳥や揚げたての天ぷらなど・・食べきれない程の料理が並ぶのである。

最後に残ったおにぎり・いなり寿司・天ぷらなどは船の方でちゃんと包んでおみやげとして持たせてくれた。 気が利いている(*^。^*)。

盛り上がっております♪ 刺身に卵豆腐・・それにお新香です。 これは海老の塩焼きと笹かまぼこ。 食い散らかした料理が大量に・・(^◇^;) あぁ・・嬉しい・・♪


全行程2時間半の短い行程ではあったが、海から吹き込む涼しい風と、遠くに見えるイルミネーションを見ながら、日頃のストレスも吹き飛んだ思いだ。

また機会があれば是非、企画を立てたいと思う・・・そして・・次回は雨の降っていない日にやりたいものである・・・。