宮城県漁業無線局 受信所(志津川)

宮城県漁業無線局の志津川受信所。
南三陸町志津川地区の山上にある。

局舎の周囲にある3本の鉄塔間にダイポール系、単線系が多数展張されている。
またそのうちの1本の鉄塔と2本の木柱間に垂直ログぺりが2方向に展張されている。





林道を跨ぐように1本の垂直ログぺりが展張されている。
終端側の木柱には平衡・不平衡変換兼整合器が取り付けてられていた。
扇型ダイポールの展張もある。
こちらには垂直ダイポールが周波数順に展張されている。

雑木林の中に終端側の木柱やエレメントが埋もれてしまった。
こちらが残りの1本の垂直ログペリアンテナの指向性方向。

垂直ログペリの低い周波数側のエレメントがある鉄塔
この受信所は前方の山の右側に見える鉄塔。
左側のアンテナ群は、TV/FM/防災無線などの中継局。

津波被害の大きかった地域で写真に写っている家々は大変厳しい状況と思われます。


2010年11月撮影

戻る