独立行政法人 情報通信研究機構 平磯太陽観測センター

  電波観測で歴史在る「平磯」で、今なお活動を継続している「平磯太陽観測センター」です。

長らく「電波研究所 平磯支所」でおなじみでした。

現在は太陽電波観測を主に活動しているため、設置されているアンテナも大きく変化してきています。

↑ 2005年4月撮影

↓ 2013年10月撮影
太陽電波観測のため、アンテナは太陽の方向を向いている。夕刻のためほとんど水平。
こちらも太陽を追尾中。



2012年頃 撮影(安藤様ご提供)

HiRAS-1
帯域25-70MHzのログペリアンテナが”ハ”の字型に直交し直交直線偏波成分を受信する(NiCT HiRASの解説webより引用)
HiRAS-2(中央)
直径10mのパラボラアンテナで1次放射器として直交20素子ログペリアンテナ

HiRAS-3(右側)
直径6mのパラボラアンテナで1次放射器として直交23素子ログペリアンテナ
(NiCT HiRASの解説webより引用)

2.8GHz用直径2mがかすかに見える。


3基共太陽を追尾しているはずですが6m鏡の向きが違うように見えます。メンテナンス中か。

戻る